チャビ&プティーとの新たな発見

チャビ(長男3歳児)プティー(次男0歳児)兄弟育児の日常、おすすめ品などを自分なりにゆるくご紹介

公立幼稚園と私立幼稚園の違い。実際金額だけではない!?

こんにちは。

最近ブログを始めたばかりの2歳男児ママです。(現在妊娠9ヶ月男の子出産予定)

ご訪問ありがとうございます。

長男のちーびーが3月生まれの2歳児なので来年度から3年保育だと幼稚園に通うことになるというこで、最近幼稚園選びのため公立、私立について私なりにいろいろと調べてみたので同じように疑問をお持ちの方にも共有できたらと思い簡単にですがまとめていこうと思います。

f:id:konnny:20201011175556j:image

 

幼稚園とはそもそも何なのか

幼稚園は文部科学省幼児教育課の所管で、学校教育法第1条に規定される学校の一種で

私立幼稚園の場合、学校法人のほか個人、社会福祉法人、宗教法人などが設置できます

保育園は学校教育法による学校ではないのに対し、幼稚園は学校教育法に規定され教育機関として位置づけられています。幼稚園は子供が最初に通う「学校」で、子供が初めて社会生活をする場なのです。

 

公立幼稚園と私立幼稚園の違い

それでは実際に公立幼稚園と私立幼稚園は一体何が違うのかの本題に入っていこうと思います。

保育内容・保育時間

公立幼稚園は基本的に自由にのびのびとした生活をしつつ、日本の伝統行事や四季への関心を持たせてくれるような保育内容。預かり時間は一般的に4、5時間です。中には預かり保育のある公立幼稚園もあります。

私立幼稚園はその園によって特徴が様々なので幼稚園選びの際にはどんなことに力を入れてる園なのかを事前に調べることが重要になってくると思います。また施設や教育面が充実しているので外部へ習い事に行かなくてもその幼稚園で例えば英語なら英語を学ぶことだってできたりします。(別途お金はかかりますが)

預かり時間に関しては公立と基本的には同じですが、ほとんどの私立幼稚園では預かり保育があります。

昼食や送迎バス

公立幼稚園の場合給食はなく毎日がお弁当のところがほとんどで送迎バスサービスも無いところがほとんどです。(親にとってはお弁当の準備だったり送迎だったりと負担がありますね( ;  ; ))

私立幼稚園は給食のところが多く送迎バスサービスも充実してるところが多くあります。ただこちらも別途費用がかかりますが…

費用

公立の場合も自治体によって費用は違いますが、基本的には公立と私立の費用の差は2倍ほど私立の方が高いといわれています。

例えばどんなものにお金がかかるのかといいますと

入園料のほか、制服、靴、体操服、年会費など、私立の場合は入園前の受験料にもお金がかかります。公立幼稚園には制服などが無いところもあるのでそういった面でも費用を抑えられます。

 

公立幼稚園と私立幼稚園のそれぞれのメリット

公立幼稚園

・とにかく費用が安い

・子どもに手作りおべんとうを毎日食べさせてあげれる

・教育がのびのびとしているので初めての集団生活にも馴染みやすい

 

私立幼稚園

・お弁当作りの負担や送迎の負担があまり無い

・預かり保育など習い事、施設の充実

・園数が多いため選択肢も多い

 

一概には言えませんが私個人がいろいろと調べた中で思ったことを簡単にですがまとめてみました。費用だけでなく違いがたくさんあるので子どもやお父さんお母さんにあった園をみつけられると良いですね。